希望の賃貸物件を探し当てるちょっとした方法
ロゴ

Article News

賃貸物件探しでカギを握るのは不動産会社のチョイス

引っ越ししたいが物件が探せない

転勤や進学など、引っ越しの理由は様々あります。いざ賃貸物件を探そうと思っても、中々希望どおりの物件が見つからない時があります。そのような方のために、希望に沿った賃貸物件を探し当てることができるよう必要なチェックポイントをまとめました。池袋方面で物件をお探しの方は是非ポイントを押さえておきましょう。

賃貸物件探しのポイント

不動産会社へ行く前にインターネットで物件を確認

賃貸物件を探す際は、いきなり不動産会社へ行くのは止めておきましょう。何も条件を決めていないうちから探しても、担当者は何をオススメしたらよいのか分からず、時間が無駄になってしまいます。まずは、希望の条件を決めてから物件の検索サイトで検索をしましょう。なお、物件の検索サイトは複数存在します。特定のサイトでしか掲載されていない物件もありますので、複数の検索サイトをチェックするようにしましょう。

気になる物件があればすぐに内見する

物件の検索サイトに掲載されている物件は、人気である可能性が高いです。そのため、ちょっとでも興味を持ったらすぐに不動産会社へ連絡して内見の予約をしましょう。検索サイトは全国から大勢の人がチェックしていますので、ぐずぐずしているとすぐに取られてしまいます。早めの行動をするのが大切です。電話で連絡しようとしても不動産会社の営業時間が終わっていれば誰も取りません。営業時間外の時間帯で連絡する際はお問い合わせフォームから連絡するようにしましょう。

検索サイトの条件と通知メールの設定をする

検索サイトで物件探しをする際は、すぐに見つからない時があります。探すたびに希望条件を設定していたら、手間がかかりますし、時間が無駄です。後になって同じ条件で検索ができるように設定しておきましょう。また、四六時中検索サイトで物件探しをするのは非現実的です。そのため、希望条件に合致した物件が掲載された時に通知がくるようにメール設定もしておいてください。そうすれば誰よりも早くその物件の情報を確認することができます。

入居できる期間が決まっていないか確認

賃貸物件の中には「定期借家契約物件」というものが存在します。定期借家契約物件とは、「○○年○月○日まで」といったように期間限定で入居できる物件のことを指します。もし気に入った物件でも期間限定であれば、また物件を探す必要がでてきて非常に手間がかかります。そのため、不動産会社や検索サイトで物件を探す際は、入居が期間限定になっていないか必ずチェックしておきましょう。定期借家契約物件であれば、物件情報のどこかに入居期間がいつまでか掲載されているはずです。

内見の時はスマートフォンを用意しておく

検索サイトや不動産会社から提示される物件の画像だけでは、その物件の特徴は把握できません。そのため内見するときは必ず写真を撮っておきましょう。様々な箇所を写真に撮ることで、後でどのような印象だったか見返すことができます。また気になる点があればすぐにメモに取りましょう。人間は忘れやすい生き物です。内見の時に感じた印象や気になった点があったとしても忘れがちなのでメモに取ることが大切です。写真撮影も出来てメモを取ることもできるスマートフォンがあればバッチリです。

希望の賃貸物件を探し当てるちょっとした方法

集合住宅

不動産会社選びのコツ

気になる物件があったら不動産会社へ行くことは一般的な流れです。しかしながら、不動産会社というのはたくさん存在していますのでどの不動産会社を選んだほうがいいのか分からない方もいると思います。まず業者選びのポイントとして担当者の接客態度を確認しましょう。もしタメ口で喋ったり横柄な態度であれば、お客さんを大切にしない不動産会社である可能性が高いのでそのような不動産会社は避けるようにしましょう。

きちんと物件の悪いところも教えてくれるかも確認

メリットばかりの物件というは存在しません。必ず何かしらのデメリットがあります。もし物件の良いところだけを説明しているのであれば、悪いところもあるか聞いてみましょう。もし説明してくれないのであれば、信頼できないため避けたほうが無難です。また、こちらから申告した物件以外に希望条件に合った物件を紹介してくれるかもチェックしておきましょう。そうすれば選択肢の幅が広がり、早く物件を探し当てることができます。