不動産を売却する際の基本的なルール【全ては自己責任】

メンズとレディ

不動産の売買の基礎知識

売却側と購入側との不動産売買契約には、法律に違反していない限り自由に契約をしていいことになっています。そのため、この売買契約は自己責任であることが原則と言えます。越谷の物件の売買契約を交わす際は法令を順守した内容になっているか注意しましょう。契約内容の項目を一つ一つ読み合わせをしていくと良いと思います。

手付金について

売買契約を交わすと、購入側が売却側に手付金を支払うのが一般的となっています。なお手付金は3種類あり「証約手付」「解約手付」「違約手付」という手付金があります。なお契約を解除する際に解約手付を支払うのですが、売却側が契約の履行をしてしまうと解除ができません。そのため、売却側の方は契約の履行をする前に購入側へ履行してよいかの最終確認をしておいたほうが無難です。

不動産を売却する流れ

価格相場を知る

不動産を売却すると決定しましたら、どれくらいで売却できるかその物件がある周辺の物件の相場をチェックしましょう。少しでも高い価格で売却するためには重要な作業です。土地であれば国土交通省が開示していますし、マンションや一戸建ての住宅はインターネットで調査することが可能です。

不動産会社に査定を依頼する

大体の相場が分かりましたら、信頼できる不動産会社を探してください。一つの不動産会社へ依頼するのではなく、複数の不動産会社へ査定の依頼をしましょう。それぞれの不動産会社によって査定の基準が異なり価格も違ってくるためです。

不動産を売りに出す

納得できる査定価格を提示した不動産会社が見つかりましたら、仲介するよう依頼しましょう。そして査定価格を元に売り出し価格を決定します。この売り出し価格で全てが決まると言っても過言ではありませんのでよく考えて決めましょう。

希望者と打ち合わせする

購入したいと考えている希望者が集まりましたら、不動産の情報を開示してください。トラブルを避けるためにも、その物件に悪いところがあっても全て正直に開示しましょう。そうすることで、後になって余計なトラブルにならずに済みます。

売却する

売買の条件に双方が納得しましたら、売買契約を結びます。契約を交わす際は、何か不手際がないか徹底的に確認するようにしましょう。売買契約を結び終えましたら、いよいよ不動産の引き渡しです。売買の代金をもらった後に登記申請を行う必要がありますので忘れずに行うようにしましょう。

賃貸物件探しと空き家の管理方法に関する情報

集合住宅

希望の賃貸物件を探し当てるちょっとした方法

賃貸物件探しで中々理想通りの物件が見つからなくて困ってしまう方は多くいらっしゃると思います。そのような方のために、不動産会社を選ぶポイントをお伝えしています。池袋在住で、引っ越しを予定している人にとって必見の情報となっています。

READ MORE
空き部屋

空き家の売却を考えているのであれば定期的な維持管理が大切

空き家を高く売りたいのであれば、定期的なメンテナンスが欠かせません。今回は高く売るための管理の仕方をまとめています。もし今後空き家の売却を検討しているのであればこのチェックポイントを押さえておきましょう。

READ MORE

下見でチェックすべきポイント

no.1

実際の広さ

一番確認すべきことは「実際に部屋がどれだけ広いか」についてです。物件情報の画像や間取り図を見ただけでは把握ができません。画像では広そうに見えたのに実際では狭かったということはよくありますので、必ずチェックしておきましょう。

no.2

物件周辺の環境

1位に次いで大事なのは、「周りにどのようなお店や施設があるか」についてです。日々の生活には買い物が欠かせません。そのため、近くにコンビニやスーパーがあれば便利ですので確認しておきましょう。

no.3

部屋の設備

以前に住んでいた人がエアコンの撤去を忘れてしまいそのままの状態になっていた、ということも過去のケースであります。物件情報に掲載されている通りの設備なのか確認してください。

no.4

音やニオイ

内見する時でないとこの情報は分かりません。実際に住んでみて騒音がひどかったり、部屋から変なニオイがするなども少なからずあります。麻布十番の賃貸物件の内見をする際は欠かさずチェックしておきましょう。

no.5

日当たり

日当たりが悪いと洗濯物が乾きにくいです。また日当たりが良い方角でも周りに高い建物があって太陽光が届かないということはよくあります。朝やお昼に現地に行ってみて、日当たりが良いか確認しましょう。